三谷聡プロ JB2東条湖第2戦「イマカツCUP」参戦レポート
こんにちは!東条湖ビッグバイトプロスタッフの三谷です。
7月12日、JBⅡ東条湖に参戦してきましたので報告します。

まずは前日のプラクティスの状況から。
まとまった雨が降ったことにより2週間前のチャプターと比べて3mほどの増水でイマカツフラットよりもう少し上まで行ける状況。
アフター回復のバスからネストの魚まで様々な魚がシャローに混在している状況。
そして、池跡ワンド入口の4~6mにベイト反応とS字を越えた辺りに多くのキーパーの姿を確認して終了としました。
f0002573_1224279.jpg


f0002573_12241557.jpg


当日、まずはイージーにキーパーがとれそうだった第一インレット対岸のワンドへ。
ここは沖のチャンネルと隣接したシャローフラットでフィーディングを意識した魚が出入りしています。
すぐにパートナーがストレートワームの表層引きで1本目のキーパーをキャッチ!
少し落ち着いたところですぐに自分にもマザーワームにMSトーナメント1/96ozをインサートしたネコリグのフォーリングでキャッチ!
少しプレッシャーがかかったのか曇りという天気の影響か水深1m未満のシャローエリアへバスがなかなか入ってこず苦戦。
こんな時は過去の経験から少しだけ沖のブレイクにいることが多く、ワンドの少し沖1.5mほどのところをダウンショットで釣っていくと、
2人ともバイト連発!が、2人ともミスを繰り返しリミットメイクに苦戦。

このミスによりリミットメイクに固執してしまい、そして悪い流れの始まりでした。
予定では1時間ほど上流でやって、それからシャローで休んでいるアフターの魚を狙いに下っていくはずだったのですが…、
途中で明らかにキロを超える魚がたまに回遊してくるのを発見して動けなくなってしまい時間を浪費。
プレッシャーによりキーパーのバイトを得ることも出来ないまま結局10時過ぎまで時間を使ってしまいようやく下っていくことに。

シャローで休んでいるアフターの魚を中流域で見つけていたのですが、当日は風が強いこともあるのかバスの姿は皆無。
本湖まで戻り、池跡ワンド岬を中心にディープの回遊バスを狙うもノーバイト。
最後に池跡ワンドの奥へ入っていくと…!!!
50オーバーのフライについたバス!残り時間との勝負で、何度かルアーに反応させたものの無情にもタイムアップ!
昨日見つけておけば…という悔しい魚でした。
f0002573_12275129.jpg



このような展開で終え、2本450g、15位という成績でした。
次の最終戦は頑張りたいと思います!

f0002573_1228830.jpg


今大会、トーナメントというプレッシャーの中でもウェイイン率60%とよく釣れており、現在の東条湖は数釣り可能です!
特に上流域ではサイズ問わずシャローで姿を確認でき、トップウォーターへの反応も良好です!
またこの時期、導水管でのビッグベイトゲームも面白いです!
ぜひ、非常に面白い釣りの出来るアーリーサマーパターンへと突入しつつある東条湖へお越しください♪
by tbr-mobile | 2009-08-27 12:28 | プロスタッフレポート
<< ☆2009/8/29 釣果情報☆ ☆ 2009/8/16 釣果情報 ☆ >>