カテゴリ:プロスタッフレポート( 16 )
2014/4/22
東条湖釣果情報
東条湖フールドライター 三原 直之
サイズ   44cm
      45cm

エリア   池跡ワンド、サーフンワンド
ルアー   ハドルスイマー4.5インチ、イールクローラー7インチ

その他 プリスポーンのビッグバス多数!!!サーフィンワンドメイン出ればデカイ!!!
    ブラインドなら姫はくちょう・等の浮きものをスイムベイトやビグベイトで!!!!!

    ゴールデンウイークは狙い目!!
by tbr-mobile | 2014-04-24 14:36 | プロスタッフレポート
2014/1/15
2014/1/15東条湖釣果
アングラー東条湖フイルドライター 三原直之 氏
サイズ    52cm
ルアー    ブァンガード ジグべド
エリア    導水管岩盤
by tbr-mobile | 2014-01-15 09:20 | プロスタッフレポート
JBⅡ東条湖第3戦 優勝!~ 第2戦に続き連続優勝!~
f0002573_9504911.jpg





東条湖ビックバイトプロスタッフ
松村真樹プロ




みなさんこんにちは。東条湖BIGBITEプロスタッフの松村真樹です。
今回、9月11日(日)に開催されましたJBⅡ東条湖第3戦で、7月に行われました第2戦に続き、連続優勝することができました!その模様をレポートをさせていただきます。

 西日本を中心に猛威をふるった台風12号の影響で、東条湖は急激に水位が上昇、また、その後ダムの放水により数日のうちにみるみる減水が進みました。さらに湖全体にアオコが発生し、湖を見ても生命反応はなし・・・。コンディションが悪くタフな試合になることが予想されました。しかし、蓋を開けてみるとウエイン率83%の釣れ釣れ大会!リミットメイクは当たり前、どうやってキッカーフィッシュをGETするかが優勝の鍵となりました。

【前日プラクティス】
前日のプラクティスでは、水質の悪さを考慮して少しでも水通しの良い本湖の岬廻りと、ビッグバスが付く浮き物を中心にチェックしました。特にバイトが多かったポイントは「句碑岬」。水深5~7m付近をダウンショットで攻めると面白いようにバイトが続き、釣れるサイズもアベレージ400gと、他の選手より良さそうでした。また、本湖に浮かぶ「花火桟橋」、「フナ釣り桟橋」ともにグッドサイズが付いていることを確認しました。さらに、東条湖一ビッグバスをストックする中流の「導水管」ももちろんチェックしましたが、「導水管」より吐き出される水の量も少なく、バスが釣れる気配も感じられませんでした。
翌日のプランとしては、まず3本揃えて1200gのベースを作り、何とかキッカーフィッシュをキャッチして入れ替え、パートナーと目標を2キロと確認してプラクティスを終了しました。

【トーナメント当日】
 当日の天気は晴れ、9月も半ばというのに秋の気配など全く感じることなく厳し残暑の中、フライト開始となりました。
 私のスタートはちょうど真ん中あたり。モーニングバイトを期待し、まず本湖の浮き物をチェックしに向かいました。「フナ釣り桟橋」の下を確認すると400gほどのバスを発見!パートナーがマドネス「セブン」を桟橋の下へ滑り込ませました。ピクピクとルアーを動かすとバスが興味を示し寄ってくるのが見えました。「喰え、喰え」と二人で念じましたが、バスはルアーの直前で方向転換し、再び桟橋の下へ。二度と反応することはありませんでした・・・。

 次にこの日の本命ポイント「句碑岬」へ移動しました。IMAKATU「アンクルゴビィ」2インチ+アクティブRSトーナメント1/8ozのダウンショットをキャストするとすぐに反応があり、400gのバスをキャッチ!さらに私、パートナーともに同サイズをキャッチして速攻のリミットメイク達成!ウエイトは予定通りの1200g。非常に楽な試合展開となりました。

 サイズアップを期待して「句碑岬」で10時30分頃まで粘りましたが、キーパーをキャッチするも入れ替えには及ばず、意を決してキッカーフィッシュを求めポイントを移動することにしました。

 本湖の浮き物をチェックするもグッドサイズのバスは確認できないため、パートナーの相談し「ビッグバスを仕留めるなら!」と前戦のJBⅡ東条湖第2戦で優勝へと導いてくれたポイント、中流域の「導水管」へ向かうことにしました。先行者はTOP50の片岡壮士。この日はまだデカバスは出ていないとのこと。

 IMAKATSU「セクシーアンクル3.5インチ」+アクティブRSトーナメント3/8ozのヘビーダウンショットをキャスト開始。「導水管」の水が落ち込む部分にキャストしてステイさせました。そしてキャストすること数投目、確かな生命感を感じたので渾身のフッキング!デカバスであることは明らか!パートナーにネットを託して無事ランディング成功!推定1キロのキッカーフィッシュを仕留めることができました!入れ替えを行い推定2キロのウエイト。このままタイムアップとなり検量へ向かいました。
f0002573_13181891.jpg

f0002573_13184023.jpg



 検量の結果3本で1990gと予定通りのウエイト。表彰式では最後にコールされて優勝!!

f0002573_1319635.jpg




JBⅡ東条湖シリーズ第2戦、第3戦と連覇達成することができました。長年東条湖をホームグランドとしてやってきましたが、これほど嬉しいことはありませんでした!

f0002573_13195113.jpg

f0002573_13213332.jpg


 年間表彰では、第1戦の5点ボウズが効いて4位という結果になりました。しかし3戦中2戦を優勝することができたので大変満足しています。

f0002573_13223114.jpg


 これから徐々に水温も安定し、バスの活性が上がって良く釣れると思います。レンタルボートも充実していますので、是非東条湖へお越しください!お待ちしております!

【タックルデータ】
ルアー :IMAKATSU アンクルゴビィ2インチ
    :IMAKATSU セクシーアンクル3.5インチ
フック :がまかつ WORM329ハンガーSF #6
ライン :東レ バウオ スーパーハード プレミアムプラス ハイグレード 3lb&8lb
シンカー:アクティブRSトーナメント 1/8oz&3/8oz
ロッド :61UL、ソリッド60UL、66L(ベイト)
リール :スピニング2000番、ベイトリール
by tbr-mobile | 2011-09-21 13:23 | プロスタッフレポート
プロスタッフレポート(NBCヒューマン大阪第2戦 準優勝) 福永 治
f0002573_216593.jpg



東条湖ビックバイトプロスタッフ
福永 治プロ










6月10日 NBCヒューマン大阪校チャプター第2戦『タックルベリー』CUPに参加してきましたのでレポートさせていただきます。

試合前の戦略としては本命エリアは最上流バックウォーター、導水路などビッグバスがスポーニング終わり、ベイトを求めて集まるド定番エリアで勝負するつもりでした。

が、試合前にショッキングな事実が!!
イマカツフラットの進入禁止ブイがまだ撤去されておらず、この試合は最上流は引き続き禁止エリアのままとのこと・・・
バックウォーターでアフター回復系のやる気のあるやつを狙うプランが崩れ、戦略の練り直しが必要となりました。

最上流がないということは、ここ最近の東条湖の釣果からするとキーパー複数本獲れれば上位進出の可能性があるのでまずは本湖岬周りでのシャロー見えバス狙いと岸からちょっと離れた所の深場の回遊バス狙いで始めることに。

池跡ワンド沖のディープから魚探掛けしながら5~8mラインでバス・ベイトを探します。
時折、シャローで小型のバス?がボイルやってるのでシャローとディープを両方意識しながら攻めて行きます。
しかしシャローの魚はハスであることが判明。。。
ディープも完全沈黙。。。挙句の果てはカワウがすぐ近くから浮いてきて釣れる気が全くしなくなったので移動です。

近年、このカワウの影響で25~30cmのアベレージバスが釣れなくなっており、東条湖の難易度を高くしてます。

その後はサーフィンワンド~句碑岬までシャローを睨みながらバスを探しますが、パッとしません。
周りの他選手も釣れている様子はなく予想通り厳しい試合展開となってきました。
最上流がダメなら導水路ということでバウを上流へ向けます。
先行者がいないのを期待しましたがやはり他選手が陣取ってます。
ここはタイミングを見てまた後で様子を見に行くことにします。

さらに上流へシャローをサイトしながら移動していくとアフターウロウロ系が何本かいましたが、キャストミスやアプローチに失敗するなど流れは悪い方へ悪い方へいってるのを感じて焦りがでてきました。

結局イマカツフラットまであがりましたがドラマは起きず再び下っていきます。
そして中流域の岩盤エリアでこの試合のヒントとなる出来事が!

ダウンショットリグを岩の隙間に落としピックアップするときに大きな影が!?バスかどうかはそのとき確認できませんでしたが、似たようなバスが隠れそうな岩や岩盤の隙間をダウンショット・スモラバ・ラバージグを落としていきます。
すると何度かバスのチェイスがあり、試合時間も少なくなってきたのでそのパターンを押し通すことに。
何匹か超ミニマムノンキーも釣れましたが、最後の最後でドラマがおきました!

渓谷入り口の取水塔周りの岩盤をチャターベイトで流しつつ、水天宮岬へ移動中、岩の下にルアーをフォールすると・・・
ついにロッドが大きく弧を描きました! ベイトタックルなのでなかば強引に引き寄せランディング!

心臓バクバクの一瞬の出来事でしたが帰着時間まで30分を切った中でのメークドラマ完了!

ウェイインすると1095gのガリガリのアフターでした。
f0002573_242215.jpg


結果は参加者47名中ウェイイン8名、私は準優勝でした!!

今までの試合でもありましたが厳しいときほど最後の最後でチャンスがくることが多く、最後まで諦めないことが大事であると再認識できた大会でした。

次はリミットメイク目指してがんばりたいと思います。

f0002573_2123224.jpg



タックル
【ロッド】ゼナック・スピラドB3-66
【リール】シマノ・メタニウムMg
【ライン】フロロ10ポンド
【ルアー】イマカツ・モグラチャター1/2oz+ジャバシャッド
by tbr-mobile | 2011-06-17 02:19 | プロスタッフレポート
プロスタッフレポート(NBC兵庫第2戦 第3位入賞)  松村真樹
f0002573_9504911.jpg





東条湖ビックバイトプロスタッフ
松村真樹プロ






5月22日(日)に開催されましたNBCチャプター兵庫第2戦「フィッシングエルモ」CUPで3位に入賞することができましたのでレポートさせていただきます。

【前日プラクティス】
前日プラクティスは少し遅めの9時過ぎにスタート。今回のトーナメントでは多くの選手がネスト戦を予想していました。

まずは本湖の例年ネストが出来るポイントを中心に見て回ることにしました。案の定ネストだらけ・・・。それもグッドサイズのバスが多数・・・。
ルアーを目の前に投入すると簡単に口を使ってくれます。翌日、他のトーナメンターに釣られることのないよう見えるバスはすべてキャッチすることにしました。キャッチしたビッグバス、上から3本のウエイトは4500g。正直釣りすぎました。

ネストパターン以外にも本湖にはアフターのデカバスが多数確認することができ、ネストパターン崩壊後の次のパターンとして魚の位置を確認してプラクティスを終了しました。

【トーナメント当日】
くじ引きの結果スタートは3番手。(しまった、昨日のバスを1本でも置いておけば良かった・・・。)
スタート直後、前日多くのビッグバスを確認することができた「サーフィンワンド」へ直行しました。しかし、確認できるバスは25センチにも満たない小さなバス。すぐにアフターのグッドサイズを求めてポイントを移動しましたが、ここであり得ないくらいの豪雨&暴風で全く魚の姿を確認することができず。ここから数時間何のヒントも見つけることができずに、ただ時間だけが過ぎていきました。

帰着まで残り2時間のところで前日ノーマークだった上流エリアへ移動するも、急激な濁りで全く魚の反応はなく、再び本湖へ戻ることにしました。

本湖へ戻る途中、中流域にありデカバスを多くストックする「導水管」と言われるポイントに一発逆転を期待して立ち寄ることにしました。ルアーは最近お気に入りのIMAKATSU スピンチャター5g。
f0002573_9431562.jpg


流れの落ち込みを避けて澱みへキャストすること2投目に「ゴン!」と強烈なバイトを感じてフッキング!
f0002573_9433599.jpg


慎重にやり取りを重ねてネットインに成功!キャッチしたのは楽々1キロを超えるグッドサイズ。
この後色々なパターンを試しましたが結果1本でウエイン。

f0002573_944111.jpg


1375gで3位に入賞することができました。


f0002573_9441964.jpg







今後のバスはスポーニングの疲れから回復し、果敢にルアーへアタックして好釣果が期待されます。是非東条湖でバスフィッシングをお楽しみください!


【タックルデータ】

■ロッド     ベイト66L
■リール     ダイワ
■ライン     東レ ソラローム スーパーハード アップグレード 7lb
■ルアー     IMAKATSU スピンチャター 5g
+ジャバシャッドIS-プラス 3.5インチ

by tbr-mobile | 2011-05-26 09:54 | プロスタッフレポート
プロスタッフレポート 三谷聡
f0002573_23491639.gif

東条湖ビックバイトプロスタッフ
三谷 聡プロ











皆さん、こんにちは。
東条湖ビッグバイトプロスタッフの三谷です。
本日の釣りのレポートをしたいと思います。

水は数日前の雨の影響で濁りがありますが、
本湖を中心にシャローに大型から小型まで多くのバスが見られます。

50upも多くいるので大型をじっくりと狙うもよし、
回遊しているスクールを狙って数釣りもよしです!

釣りをするには良い季節ですので、皆さんぜひお越しください!

f0002573_18281421.jpg

by tbr-mobile | 2011-05-15 18:43 | プロスタッフレポート
プロスタッフレポート(NBC兵庫第1戦 準優勝)  山本栄二プロ 
f0002573_1321732.jpg
東条湖ビックバイトプロスタッフ
山本栄二プロ










【トーナメントレポート】

4月24日にNBCチャプター兵庫に参戦してきたので報告します。

今回はシリーズ開幕戦(全6戦)で今シーズンを占う大事な試合です。
開幕戦は毎年非常にタフな試合が続き、昨年はレコードフィッシュが出たもののウエイインが2名と厳しい試合となりました。

今回も4月と言うのに水温が上がらず、釣果の方も厳しい報告ばかりでした。
試合前日は朝から大雨で急増水、上流もかなりの濁りが入りさらにタフコンディションが予想されました。
f0002573_136439.jpg


試合当日は天候晴れ、朝の気温は3℃、水温は2℃下がって11℃、水位は一晩で1m増水、戦略は上流で巻物勝負で臨みました。
スタートして選手の半分以上が上流S字付近に集まり狭いエリアが銀座状態。私も各選手の合間を縫って東レスーパーハード アップグレード12lbをセットした
ワイルドハンチ、1/2オンス スピナーベイトをローテーションしてひたすらキャストを繰り返しました。
f0002573_1327143.jpg


前日までの大雨で濁りが酷くしかも水温低下、周りもノー感じ。私のイメージでは昼ぐらいに少しでも水温上昇があれば、この濁りでも望みがあると信じて、上流のS字エリア~競技エリア最上流部までキャストを繰り返しました。すると、とさか岬をクランクベイトで通すとググッと根がかりのような鈍い感触があり、ロッドを立てて巻き上げると、水面に上がってきたのはナイスフィッシュのバスでした。
焦りながらも何とかネットイン!「ラッキー!ウエイイン出来る~」って感じで小さくガッツポーズ。

目測では推定1500gはあろうかというナイスフィッシュ!時計を見るとまだ10時過ぎ、興奮しながらも釣りを再開。

その後、雹が降ったり雷雨になったり爆風になったりと、天候が荒れ厳しいコンディションで時間だけが進みこの1本で、試合終了となりました。

帰着してみるとやはり非常に厳しかったようで、数本の魚しか釣れておらずどうやら1本勝負になりそうな予感でした。
f0002573_13283117.jpg

f0002573_1328537.jpg

f0002573_1329918.jpg


 
内心“優勝”が頭をよぎりながらウエイイン会場へ行ってみると、私の持っている魚より一回り大きい魚を持ち込んでる選手が居て負けた~と思いました。
f0002573_1330337.jpg


そして検量して勝負が決まりました。惜しくも準優勝…悔しいですが一層気合が入り今シーズンを戦っていけそうです!

これからの季節、暖かくなり 東条湖でビックフィッシュに出逢える機会が増えてきます
みなさんもベイトタックルでドンドン巻いて挑戦してください!

by tbr-mobile | 2011-05-04 13:31 | プロスタッフレポート
2011/4/11 プロスタッフレポート 2本で4キロオーバー
2011/4/11東条湖釣果
f0002573_14381654.jpg
f0002573_14385499.jpg
f0002573_14392296.jpg

アングラー  プロスタッフ 福永 治プロ
サイズ     ①54cm ・ ②46cm

ルアー     ①B社バイズクロー(テキサスリグ)
        ②ピュアフィッシング ガルプ サンドワーム(ダウンショット)

エリア     ①S字付近
        ②とさか岬対岸の岩盤

タックル    ①ロッド Z社スピラドB3-66
         フック がまかつWORM321バルキースタイル #3/0 
         ライン エバーグリーン・バスザイル 12lb
        ②ロッド Z社スピラドS0-60
         フック がまかつWORM39 #3
         ライン エバーグリーン・バスザイル 4lb
         シンカー アクティブ・DSトーナメント 1/8oz

(その他)   

上流域はデカイ魚が入り始めている。ちょっとしたゴミ溜まりや岩盤等に
ついているであろうバスをブラインドで狙った。
難易度は高いがタイミングが合えばビッグバイトのチャンスあり!!


(湖の状況)

導水路からの放水がかなりあり、増水傾向。導水路から流れ込む水は
2~3度冷たく、夏のような爆発は期待できないと思われる。
      
上流域は水が悪く、濁ってるがS字付近では大型の個体を数匹確認することができた
イマカツフラット付近はヘラブナのハタキが本格的にはじまりバスは確認できず。
       
本湖のシャローもサイズは上流に比べると小さいがフラフラしているのを
数本確認できた。
       
全体的には釣るのは難しく、日により釣果に差があるが、
タイミングが合えば誰にでもビッグバイトのチャンスがあります。       

春の東条湖ビッグバス祭りいよいよ開幕です
by tbr-mobile | 2011-04-11 15:08 | プロスタッフレポート
2011/3/21 プロスタッフレポート
2011/3/21東条湖釣果
f0002573_15135294.jpg

f0002573_15142379.jpg

アングラー  プロスタッフ 佐々木喜代文プロ
サイズ     52cm 2,110g
ルアー     モグラチャター
エリア     上流
その他     上流にビッグバスがたくさんいます。チャンスです。
by tbr-mobile | 2011-03-22 15:19 | プロスタッフレポート
三谷聡プロ JB2東条湖第2戦「イマカツCUP」参戦レポート
こんにちは!東条湖ビッグバイトプロスタッフの三谷です。
7月12日、JBⅡ東条湖に参戦してきましたので報告します。

まずは前日のプラクティスの状況から。
まとまった雨が降ったことにより2週間前のチャプターと比べて3mほどの増水でイマカツフラットよりもう少し上まで行ける状況。
アフター回復のバスからネストの魚まで様々な魚がシャローに混在している状況。
そして、池跡ワンド入口の4~6mにベイト反応とS字を越えた辺りに多くのキーパーの姿を確認して終了としました。
f0002573_1224279.jpg


f0002573_12241557.jpg


当日、まずはイージーにキーパーがとれそうだった第一インレット対岸のワンドへ。
ここは沖のチャンネルと隣接したシャローフラットでフィーディングを意識した魚が出入りしています。
すぐにパートナーがストレートワームの表層引きで1本目のキーパーをキャッチ!
少し落ち着いたところですぐに自分にもマザーワームにMSトーナメント1/96ozをインサートしたネコリグのフォーリングでキャッチ!
少しプレッシャーがかかったのか曇りという天気の影響か水深1m未満のシャローエリアへバスがなかなか入ってこず苦戦。
こんな時は過去の経験から少しだけ沖のブレイクにいることが多く、ワンドの少し沖1.5mほどのところをダウンショットで釣っていくと、
2人ともバイト連発!が、2人ともミスを繰り返しリミットメイクに苦戦。

このミスによりリミットメイクに固執してしまい、そして悪い流れの始まりでした。
予定では1時間ほど上流でやって、それからシャローで休んでいるアフターの魚を狙いに下っていくはずだったのですが…、
途中で明らかにキロを超える魚がたまに回遊してくるのを発見して動けなくなってしまい時間を浪費。
プレッシャーによりキーパーのバイトを得ることも出来ないまま結局10時過ぎまで時間を使ってしまいようやく下っていくことに。

シャローで休んでいるアフターの魚を中流域で見つけていたのですが、当日は風が強いこともあるのかバスの姿は皆無。
本湖まで戻り、池跡ワンド岬を中心にディープの回遊バスを狙うもノーバイト。
最後に池跡ワンドの奥へ入っていくと…!!!
50オーバーのフライについたバス!残り時間との勝負で、何度かルアーに反応させたものの無情にもタイムアップ!
昨日見つけておけば…という悔しい魚でした。
f0002573_12275129.jpg



このような展開で終え、2本450g、15位という成績でした。
次の最終戦は頑張りたいと思います!

f0002573_1228830.jpg


今大会、トーナメントというプレッシャーの中でもウェイイン率60%とよく釣れており、現在の東条湖は数釣り可能です!
特に上流域ではサイズ問わずシャローで姿を確認でき、トップウォーターへの反応も良好です!
またこの時期、導水管でのビッグベイトゲームも面白いです!
ぜひ、非常に面白い釣りの出来るアーリーサマーパターンへと突入しつつある東条湖へお越しください♪
by tbr-mobile | 2009-08-27 12:28 | プロスタッフレポート