人気ブログランキング | 話題のタグを見る
プロスタッフレポート(NBCヒューマン大阪第2戦 準優勝) 福永 治
プロスタッフレポート(NBCヒューマン大阪第2戦 準優勝) 福永 治_f0002573_216593.jpg



東条湖ビックバイトプロスタッフ
福永 治プロ










6月10日 NBCヒューマン大阪校チャプター第2戦『タックルベリー』CUPに参加してきましたのでレポートさせていただきます。

試合前の戦略としては本命エリアは最上流バックウォーター、導水路などビッグバスがスポーニング終わり、ベイトを求めて集まるド定番エリアで勝負するつもりでした。

が、試合前にショッキングな事実が!!
イマカツフラットの進入禁止ブイがまだ撤去されておらず、この試合は最上流は引き続き禁止エリアのままとのこと・・・
バックウォーターでアフター回復系のやる気のあるやつを狙うプランが崩れ、戦略の練り直しが必要となりました。

最上流がないということは、ここ最近の東条湖の釣果からするとキーパー複数本獲れれば上位進出の可能性があるのでまずは本湖岬周りでのシャロー見えバス狙いと岸からちょっと離れた所の深場の回遊バス狙いで始めることに。

池跡ワンド沖のディープから魚探掛けしながら5~8mラインでバス・ベイトを探します。
時折、シャローで小型のバス?がボイルやってるのでシャローとディープを両方意識しながら攻めて行きます。
しかしシャローの魚はハスであることが判明。。。
ディープも完全沈黙。。。挙句の果てはカワウがすぐ近くから浮いてきて釣れる気が全くしなくなったので移動です。

近年、このカワウの影響で25~30cmのアベレージバスが釣れなくなっており、東条湖の難易度を高くしてます。

その後はサーフィンワンド~句碑岬までシャローを睨みながらバスを探しますが、パッとしません。
周りの他選手も釣れている様子はなく予想通り厳しい試合展開となってきました。
最上流がダメなら導水路ということでバウを上流へ向けます。
先行者がいないのを期待しましたがやはり他選手が陣取ってます。
ここはタイミングを見てまた後で様子を見に行くことにします。

さらに上流へシャローをサイトしながら移動していくとアフターウロウロ系が何本かいましたが、キャストミスやアプローチに失敗するなど流れは悪い方へ悪い方へいってるのを感じて焦りがでてきました。

結局イマカツフラットまであがりましたがドラマは起きず再び下っていきます。
そして中流域の岩盤エリアでこの試合のヒントとなる出来事が!

ダウンショットリグを岩の隙間に落としピックアップするときに大きな影が!?バスかどうかはそのとき確認できませんでしたが、似たようなバスが隠れそうな岩や岩盤の隙間をダウンショット・スモラバ・ラバージグを落としていきます。
すると何度かバスのチェイスがあり、試合時間も少なくなってきたのでそのパターンを押し通すことに。
何匹か超ミニマムノンキーも釣れましたが、最後の最後でドラマがおきました!

渓谷入り口の取水塔周りの岩盤をチャターベイトで流しつつ、水天宮岬へ移動中、岩の下にルアーをフォールすると・・・
ついにロッドが大きく弧を描きました! ベイトタックルなのでなかば強引に引き寄せランディング!

心臓バクバクの一瞬の出来事でしたが帰着時間まで30分を切った中でのメークドラマ完了!

ウェイインすると1095gのガリガリのアフターでした。
プロスタッフレポート(NBCヒューマン大阪第2戦 準優勝) 福永 治_f0002573_242215.jpg


結果は参加者47名中ウェイイン8名、私は準優勝でした!!

今までの試合でもありましたが厳しいときほど最後の最後でチャンスがくることが多く、最後まで諦めないことが大事であると再認識できた大会でした。

次はリミットメイク目指してがんばりたいと思います。

プロスタッフレポート(NBCヒューマン大阪第2戦 準優勝) 福永 治_f0002573_2123224.jpg



タックル
【ロッド】ゼナック・スピラドB3-66
【リール】シマノ・メタニウムMg
【ライン】フロロ10ポンド
【ルアー】イマカツ・モグラチャター1/2oz+ジャバシャッド
by tbr-mobile | 2011-06-17 02:19 | プロスタッフレポート
<< 1911/6/18 プロスタッフレポート(NBC兵... >>